【作曲のための音楽理論】セカンダリードミナントとドッペルドミナントについて

2020年5月29日

最近になって本格的に音楽理論を学び始め、日々参考書を読みふけっている私ですが、先日 ”セカンダリードミナント”と”ドッペルドミナント” について調べている際に”ちょっと分かりづらいな~” と感じたので調べたことをまとめておこうと思います。

まあ言ってみれば自分が忘れないためのメモのような記事ですが、それゆえに分かりやすくまとめているので、同じように悩んでいる方は参考にしてください。
(ややこしいなと思う部分は記事の最後に注釈を入れています)

連続するドミナントモーション

まず、そもそもドミナントコードというのはその調のスケール上にあるコードの中でも最も緊張感を持ったコードのことを指します。
実際に使うときには主和音に対する”Ⅴ”のコード、例としてはCメジャーキーなら”G7”(※1)単なるGでも良いが、セブンスコードはトライトーンと呼ばれる不協和音程をもつため、この音がそれぞれトニックの構成音に進行することでより解決感が強まる。、Fメジャーキーなら”C7″のコードがそれぞれドミナントコードに当たりますね(詳しくはこのシリーズを読んでみてください)。

更にこのドミナントコードから主和音に向かう流れをドミナントモーションと呼び、緊張→解放感を手軽に表現できる進行としてジャンルを問わず、すべての音楽の基礎理論として知られているという訳です。

しかし、この単純な進行に飽きたある人はこう思ったのです。
”ドミナントからトニックに行く流れが綺麗に聴こえるなら、先行するドミナントコードを別の調のトニックに見立てて更にドミナントモーションを繋げられるんじゃね?” と。
これが見出しにもあるドッペルドミナントのことなのですが、上の説明だけだとちょっと分かりにくいのでいつものように譜例を示します。

ツーファイブ

まず上の楽譜を見てください。
これはCメジャーキーにおけるⅡm7→Ⅴ7→Ⅰの進行、いわゆる”ツーファイブ”と呼ばれるものですが、ⅤのG7から見てⅡのDm7はルートが完全五度の関係になっていますよね?
つまり言い方を変えれば、G7から見たDm7はⅤmにあたるということになります。

そもそも完全五度の進行と言うのは強進行とも呼ばれ、それだけで非常に強い解放感を生むがゆえによく使われるのですが、これを更に一時転調させDm7をGメジャースケールのドミナントコードであるD7(※2)注釈※1を参照に変えることにより、更に強い進行にすることが出来るのです。
そしてこのドミナントに先行するドミナントのことを”ドッペルドミナント(ダブルドミナント)(※3)意味は同じなのでどちらの呼び方でも構いません。”と呼びます。

ドッペルドミナント セカンダリードミナント

この理論を使えば、上の譜例のように”このドミナントの前に更にドミナントを置いて、更にその前にも置いて…”と言うようなことが可能になる訳ですね(※4)勿論やりすぎるとかえって単調になってしまうため理論的には良くても音楽的な限度はあります。、ここで本来のⅤであるG7以外の全てのドミナントコードをセカンダリードミナント(※5)ドッペルドミナントも含む。と呼びます。

実際の使用例としてはこんな感じです。

上は”とある”アニメのBGMを私が耳コピしたものですが(著作権保持のため一部モザイク処理をしています)、5小節目のⅢm(Bm7)から6小節目のV(D)に向かってE7→A7→Dと見事にセカンダリードミナントが使われていますね。
このように曲中に入れる際には使いどころを良く見極めて、部分的に使用するとより効果的です。

ここまでメジャースケール上のコードのみを使って解説してきましたが、これがマイナースケールにおいては少し変化しますのでここからはそれについても触れていきたいと思います。

マイナースケール上でのセカンダリードミナント

上の楽譜はCマイナースケールでのツーファイブを示したものです。
トニックがCmになっているのは当然として、Dm7が♭5になっていますね。

もちろんこれもスケール上のA音に♭がついているので当たり前と言えば当たり前なのですが、このコードをセカンダリードミナントとして見た場合♭5になるのにはもう一つの理由があるのです。

まず本来なぜⅤ7がドミナントとして使われるのかというと、このコードの3rdの音と7thの音が増四度の不協和音程(トライトーン)であり、かつこれらがそれぞれトニック(Ⅰ)の構成音に向かうことにより非常に強い解放感を生むから(※6)CメジャーキーでG7→Cの場合はF→E、B→Cにそれぞれ解決する。というのが理由にあるのですが、その一方で普通のm7コードはこのトライトーンを持ちません。
そのためこれをセカンダリードミナントして使うのは不可能なのですが(※7)通常のツーファイブであればOK5thの音に♭をつけることによってルートとの間に増四度音程が生まれ、更にこの♭5thの音はトニックのルートに解決するので、問題なくドミナントとしての機能を果たすことになるのです。

また、上の譜例ではCマイナーキーの本来のドミナントであるGm7がG7になっていますが、これも同様の理由です(※8)m7のままで使う場合もあり、本来のキー上のドミナントモーションでは「絶対に半音進行しないとダメ!」…という訳でもない。

 

…とまあここまでがセカンダリードミナント・ドッペルドミナントに関して、私が今まで学んだことの全てです。
なんだか思いのほか長くなってしまいましたが、これは単純なドミナントモーションのマンネリ化を防ぐ、作曲をするうえで絶対に欠かせない理論だと思いますのでしっかり頭に入れておくべきだと思います。

注釈   [ + ]

1.単なるGでも良いが、セブンスコードはトライトーンと呼ばれる不協和音程をもつため、この音がそれぞれトニックの構成音に進行することでより解決感が強まる。
2.注釈※1を参照
3.意味は同じなのでどちらの呼び方でも構いません。
4.勿論やりすぎるとかえって単調になってしまうため理論的には良くても音楽的な限度はあります。
5.ドッペルドミナントも含む。
6.CメジャーキーでG7→Cの場合はF→E、B→Cにそれぞれ解決する。
7.通常のツーファイブであればOK
8.m7のままで使う場合もあり、本来のキー上のドミナントモーションでは「絶対に半音進行しないとダメ!」…という訳でもない。